TOPページ > 近江屋日記 > 2014/12

2014/12

12月22日
 「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝1 南海漂流編」の文庫版上下巻を買う。ソフトカバー版は持っているが、買ってしまうのがコレクターの性というもの。前々から欲しかった「ホラーSF傑作選 影が行く」も一緒に購入してしまった。
本日の戦果
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝1 南海漂流編 上
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝1 南海漂流編 下
ホラーSF傑作選 影が行く
12月21日
 「Pathfinder RPG」からの動物関連の変換データをいじる。完全にクリーチャー専用の変換ファイルと割り切って、鎧や盾によるACへの修正をすっぱり切り捨て、外皮による装甲をATに合わせるように調整しなおした。
12月14日
 子供への少々早いクリスマスプレゼントを買うのと一緒に、新・ポケット版「恐竜・大昔の生き物」を買ってしまった。買おうと思っていた小説が無かったことも一因だが、古代生物に興味が向き始めていることは否めない。恐竜はともかく、古代哺乳類はあまり知らなかったしなぁ。
12月10日
 図書館で「アイス・ハント」の上下巻を借りる。陸棲だった頃の古代クジラ類が極地で蘇るというモンスター・パニック。古代生物つながりなのは言うまでもない。
12月6日
 ディノサウルスに続き、他の古代生物のデータを「Pathfinder RPG」から「Rolemaster」の形式に変換する。恐竜だけでなく、古代鳥類や古代哺乳類がかなり追加できる。データのバランスは追々考えるとして、まずはとにかく書き出すことに専念する。
12月2日
 武術系キャラクターの装備のイメージがスバル&ギンガ(なのはSS)リボルバーナックルだったはずなのに、いつの間にかダーク&タフト(アムドライバー)デストラクション・ハンドに変わってしまった。リボルバーナックルだと攻撃主体の装備になってしまうが、デストラクション・ハンドだと防御にも通用する装備として設定できそう。