TOPページ > 近江屋日記 > 2015/11

2015/11

11月28日
 サボり気味だったTRPGのネタ設定。
 技能ボーナスの算出表を作ってみたら、実はかなり前に同じモノを作っていたことが判明してショック。やはり適度に手をつけないといけないと、改めて認識した。
 キャラクターの種族を見直すに当たり、設定を徹底的に作り直す。エルフで無理矢理に武術系職で組んでいたのを、能力的に問題のない種族で見直す。戦闘力は上がっても魔法系が弱くなるのは仕方がないところか。
11月27日
 担当リーダーと一緒に都内まで出張。ギリギリまで「一人出張」を主張してみたが、結局は2人で行く羽目に。
 ろくな本を持って行かなかったので、往復の電車内で読むわけにもいかず、かなり苦痛の往復3時間だった。出張の内容自体は予算絡みになってくるのでリーダー同席でよかったが。
 間をすっ飛ばして「D−邪王星団」全4冊を読み終わってしまった。抜けているて「D−ダーク・ロード」全3冊も県内の図書館から取り寄せてもらうようにリクエストしてはいるが、さすがに読むモノが無くなってしまったので、またしても今さらながら「白の皇国物語」に手を出すことになった。
11月22日
 結婚記念日だというのに昇任試験と重なった。とりあえず、「受けることに意義がある」ということで、ろくに勉強もしないで試験に臨む。結果は見るまでもなく明らかだが。
 帰りに書店で「宇宙船」の最新号を立ち読みする。号を重ねて150号記念とのこと。最初の頃から読んでいた自分としては、最近の特撮番組につていけなくて感慨深いような遠く感じるような。
 しかし、そんな中で超気になる映画情報を発見。「シャークネード」の最新作が公開されるとのこと。大統領から黄金のチェーンソーを贈呈された主人公が、今度は宇宙を舞台にサメと戦うらしい。何かもう製作者の「トレーマーズ」並みの愛情を感じざるを得ない。
11月11日
 録画してあった「RED/レッド」を見る。レビューで面白いとは聞いていたが、ここまで弾けた内容だとは思わなかった。何より「引退した元エージェントの爺さん&婆さん」が、CIAを相手に立ち回るというのがかなりツボ。
 ジジィバンザイ。
11月4日
 「ナイスヴィル」の上下巻を読み終わる。上巻は当初の事件を除けばサスペンスというか普通の犯罪小説のようだったが、下巻は一気にホラーな展開。全3部作ということで尻切れトンボな感じだったが、続巻の刊行を楽しみに待つことにする。クレーターシンクに潜む存在が神話的なモノでなければいいとは思うが。
 松来未祐の訃報を知る。アニメの世界からしばし離れているとはいえ、デビュー当時から知っている声優さんが亡くなるというのはかなりショック。