TOPページ > 近江屋日記 > 2017/09

2017/09

9月20日
 「怪樹の腕」を読み終わる。アンソロジーということもあって、毎朝1作品ずつ読み進めていたが、ついに最後を迎えてしまった。パルプマガジン時代の雰囲気を非常に感じさせる、いい意味で玉石入り混じった作品集だった。これは買わねばなるまい。
9月7日
 期限切れで一旦返却した「怪樹の腕」を別の図書館から再度借りる。こんなに簡単に借り受けられるということは、それだけ利用者がいないということか。前回は半分程度までしか読めなかったので、今回で読み終えてしまいたい。間に合わなければ再度借り受け依頼をする。いずれは買うと思うがな。
9月5日
 8月の新刊で入った「ナイツ&マジック」をまとめて4冊借りる。「小説家になろう」で連載中のモノと違い、エルの前世での人格描写が大幅に削られていて、かなり違った雰囲気のファンタジーファンタジーした作品になっていた。