TOPページ > TRPG > Rolemaster > Cthulhu Law > 「Call of Cthulhu」の神話的存在の変換

「Call of Cthulhu」の神話的存在の変換

「クリーチャーズ&トレジャーズ〔生物・宝物大典〕」の「“ルーンクエスト”の生物の変換」をベースに作成

レベル

 残念ながら、「Call of Cthulhu」にはレベルの概念がありません。「Rolemaster」の基本的な数値の1つである、レベルを直接導入するのは困難です。「Call of Cthulhu」の神話的存在に、「Creatures & Treasures」でのレベルを求めるときは、POW値を使ってください。POW値には以下の表による修正を加えます。

神格
外なる神 ×10
旧き神 ×10
グレート・オールド・ワン ×10
大いなるもの ×10
唯一の存在 ×10
クリーチャー
唯一の存在 ×1
上級の独立種族 ×1
上級の奉仕種族 ×1
下級の独立種族 ×1/2
下級の奉仕種族 ×1/2

 独立種族や奉仕種族のようなクリーチャーのレベルは、AからHの「レベル・コード」を使った、「Creatures & Treasures」の通常ルールで修正することもできます。レベルを直接適用するのは抵抗ロールだけですが、ほかの目的に使うこともあります。

移動特性

基本移動率「Call of Cthulhu」での移動1につき、基本移動率の6.25フィートに相当するとします(5フィート単位で切り上げ)。例えば、「Call of Cthulhu」で移動が8の神話的存在は、基本移動率が(8×6.25フィート)=50フィートになります。こうして求められる基本移動率は、いくらか誇張したものですので、以下に説明する「Call of Cthulhu」の速度制限に合わせて補ってください。

最高歩調「Call of Cthulhu」のルールにしたがって、次の基準で歩調を決めます。

最高歩調 走り小型または中型の神話的存在。
最高歩調 力走大型または巨大の神話的存在。
最高歩調 ダッシュ空を飛ぶ神話的存在。

移動/運動ボーナス「Rune Quest」を参考に、隠密技能分野のDEXボーナス(つまりDEX値から10を引いた数)に5を加えた数を、移動/運動ボーナスとして使います(±5単位で切り上げ)。

速度(移速/攻敏)「Call of Cthulhu」の移動値によって、神話的存在の移動速度を決めます。

のっそり
1−3 のろい
4−9 おそい
10−15 ゆっくり
16−21 中くらい
22−27 そこそこ速い
28−33 速い
34−39 とても速い
40以上 信じられないほど速い

 またDEX値によって、神話的存在の攻撃敏捷性を決めます。

のっそり
1−3 のろい
4−6 おそい
7−9 ゆっくり
10−12 中くらい
13−15 そこそこ速い
16−18 速い
19−21 とても速い
22以上 信じられないほど速い

 ゲームマスターはここでもう一度、神話的存在全体を調べて、修正が必要かどうかを確かめてください。敏捷な神話的存在なら最高歩調はより速く、攻撃敏捷性はより大きくすべきでしょうし、のろまな神話的存在なら最高歩調と攻撃敏捷性はより小さくすべきでしょう。また機敏な神話的存在は移動/運動ボーナスをより高くして、不器用な神話的存在なら移動/運動ボーナスをなしにするのが適当でしょう。

戦闘特性

大きさ/痛打「Call of Cthulhu」での神話的存在のSIZ値を使って、「Creatures & Treasures」での大きさ/痛打を求めます。

T/−
1−6 小/−
7−16 中/−
17−18 大/−
19−20 大/T
21−25 大/U
26−30 大/大
31−36 巨/大
37以上 巨/巨

 しかし、単に大きさという要素だけを考慮に入れても、十分ではありません。特別な力や特別な形態といった、ほかの要素も合わせて考える必要があります。

耐久力「Creatures & Treasures」での耐久力を求めるには、「Call of Cthulhu」ので神話的存在の耐久力を使ってください。耐久力には以下の表による修正を加えます。

神格 ×20
クリーチャー ×10

よろいの型(防御ボーナス)「Call of Cthulhu」の神話的存在のよろいの型を決めるために、ゲームマスターはもう一度、神話的存在の獣皮、速度、特殊能力を「Rolemaster」でのよろい/防御ボーナスシステムに合わせるべく努力しなくてはなりません。普通の生物のよろいの型(AT)が1、3、4、8、11、12(まれに16、19、20)で、防御ボーナスが0から60であることは、覚えておいてください。しかし、素早く簡単に変換するには、以下にあげる表を使ってください。「Call of Cthulhu」における神話的存在の外皮と、「Creatures & Treasures」でのAT(防御)との対応表です。

なし 1(10)
1ポイント外皮 3(20)
2ポイント外皮 3(30)
3ポイント外皮 4(30)
4ポイント外皮 4(40)
5ポイント外皮 11(10)
6ポイント外皮 12(10)
7ポイント外皮 16(10)
8ポイント外皮 19(10)
9ポイント外皮 20(10)
10ポイント外皮 20(20)

 10ポイントを超える外皮については、1ポイント増えるごとに、防御ボーナスに10を加えます。例えば12ポイント外皮=20(40)です。神格であればさらにPOW値の5倍を防御ボーナスに加えてください。
 また、「Rune Quest」を参考に、「Call of Cthulhu」の神話的存在の運動技能分野修正値を計算して、上の防御ボーナスに加えてください(5単位で切り上げ)。

運動技能分野修正 1次要素DEX
2次要素STR(最大+10)
マイナス要素SIZ

痛打と攻撃方法「Call of Cthulhu」のたいていの神話的存在には、攻撃の形態が説明してあります。特定の武器、噛みつき(か)、息(息)、キック(突)、つっ突き(く)、角(角)、締め(締)などです(かっこ内はRM、指輪物語RPGでの略号)。変換は簡単です。攻撃方法は示してあるとおりで、痛打は神話的存在の大きさと同じになります。

攻撃ボーナス「Call of Cthulhu」では、神話的存在の潜在的な戦闘能力は、神話的存在が目標に攻撃を当てる可能性とその攻撃によって与える被害の2点にもとづいています。「Creatures & Treasures」での攻撃ボーナスは、次の2つの数値を足したものになります(5単位で切り上げ)。神格であればさらにPOW値の5倍を攻撃ボーナスに加えてください。

1) 攻撃成功率の2倍。
2) ダメージの最大値の2倍。

 また、武器による攻撃の場合には、神話的存在の大きさによって打撃に修正を加えてください。

中型以下の神話的存在 修正なし
大型の神話的存在 2D
巨大な神話的存在 3D

遭遇特性

遭遇数「Call of Cthulhu」の、神話的存在の解説を使います。

ボーナス経験ポイントゲームマスターが神話的存在の個性や力に合わせて、ボーナス経験ポイント・コード(A−L)を決めます。

態度(知能)「Call of Cthulhu」の神話的存在の解説から、この「Creatures & Treasures」の特性を導入します。

恐怖特性

恐怖攻撃レベル「Call of Cthulhu」の〈正気度〉ロールに失敗した場合に喪失する正気度の最大値が恐怖攻撃レベルになります。

恐怖抵抗ロール修正「Call of Cthulhu」の〈正気度〉ロールに成功した場合に喪失する正気度の最大値の5倍が恐怖抵抗ロール修正になります。

特別な修正

 「Call of Cthulhu」の神話的存在の技能は、そのまま「Rolemaster」の技能ボーナスとして使えます。
 「Call of Cthulhu」の神話的存在の呪文は、「Rolemaster」の呪文リストに置き換えて使えます。
 「Call of Cthulhu」の神話的存在の特殊能力は、たいていひとめで内容がわかります。